ベストな物件よりもベターな物件☆賃貸探しには妥協が大事

利便性の良い場所のデメリット

周辺の環境もアパートやマンションの賃貸の部屋探しでは欠かすことができません。
どれほどに部屋自体が素晴らしかったとしても周辺の環境によってはストレスになってしまうこともあります。
利便性を求めて、家賃は高くなりますが駅の周辺や買い物に不便のない場所を探すということもあるでしょう。
その時には当然人通りが多いということを考慮しなくてはなりません。
駅周辺で最も大きな騒音として感じられているのは実は電車などの音ではなく、「人の声」なのです。
特に夜になると酔っぱらいの声のトーンは一段と大きくなり、大きな声を発していることも少なくありません。
実際に自分の住んでいる場所の近辺であればそのようなことはしないのでしょうが、駅の近くということを人が住んでいる地域という認識でとらえている人は意外に少ないものです。
そして人通りが多いということはもちろん道路が混んでいることはよくあります。
ただ、自分のアパートやマンションに戻りたいだけなのに渋滞にいつも巻き込まれてしまうということもよくあることです。
朝の忙しい時間こそ、ほかの人たちにとっても忙しい時間であり渋滞が避けられない場合があります。
もう一つ考えられるのは明るさです。
夜、一人で部屋に向かうときには安心できるはずの灯りが、部屋に戻ってしまえばその外の商業施設などの灯りがまぶしくて困るということもあるのです。
あまりに明るい光の場合にはカーテンをするという対策になりますがそれでも厚いカーテンでなければ部屋を暗くしたときにいつまでも部屋の中がぼんやりと明るい状態になってしまいます。

Copyright (C)2017ベストな物件よりもベターな物件☆賃貸探しには妥協が大事.All rights reserved.