ベストな物件よりもベターな物件☆賃貸探しには妥協が大事

水回りで確認することは

長く住む場所ということになりますので、賃貸であっても水回りというのは非常に重要になります。
キッチンやお風呂、トイレもしっかりと確認する必要があります。
例えばこのようなことを確認してみましょう。
・お風呂に換気扇があるか・お風呂場にカビはないか・お風呂場とキッチンの排水溝は匂わないか・優等設備があるか・洗濯機を置くための専用の場所はあるか・キッチンのシンクは充分な広さか。
最悪でも汚れている場合には入居前に不動産会社にはっきりと伝えてしっかり清掃してもらうことはできます。
しかし、間取りの関係でリフォームしなければどうにもならないことというのはあるのです。
例えば上記に挙げたようなポイントになりますが、お風呂場に換気扇がないというのは致命傷です。
カビの発生は避けることはできませんし、毎日体をきれいにする場所がカビだらけというのは気分がいいものではありません。
そして、排水溝のにおいはお風呂場だけではなくキッチンも確認しなくてはなりません。
においというのは積もり積もったものです。
清掃をしてもらうことにより一時的な改善は期待できますが、排水管の構造によるにおい発生であれば清掃などでは変えることはできません。
住宅設備として給湯設備があるというのは常識のようにも感じますが、古いつくりであればお風呂場には給湯設備があるけれども、キッチンには自分で給湯器などを設置しなくてはならない場合もあります。
そうなるとキッチンの広さが大きく変わってくるものです。
そしてキッチンのシンクもあまりに小さくてはキッチンを使用するときに困りものです。
一人だからと小さいシンクでもいいものではありません。

Copyright (C)2017ベストな物件よりもベターな物件☆賃貸探しには妥協が大事.All rights reserved.