ベストな物件よりもベターな物件☆賃貸探しには妥協が大事

南向き賃貸はベストなのか

重要な賃貸の部屋探しの一つに、日当たりということはあるでしょう。
一般的によく言われるのは「南向きの部屋」です。
これは人気があり、実際に同じアパートやマンションでも南向きの部屋は家賃が高いという傾向もあります。
しかし、南向きであることが最良の条件というわけではありませんのでそれをご説明していきましょう。
実は避けたいのは日照時間が短い北向きの窓がある部屋であって、それ以外であれば東であろうと西であろうと、南であろうと日の当たる時間にそれほどの差がありません。
そのためその家の中にいることが多い時間帯ということで方角を選ぶのは得策と言えます。
太陽の動きを考えてみましょう。
東から太陽が昇りますので、午前中は東側に窓がある部屋に日が当たります。
そして南を通過する太陽で、日中は南側に窓がある部屋に日が当たります。
西に太陽が落ちていきますので、午後から夕方にかけては西側にある窓に日が当たります。
このようなことを見てみると、例えば日中は仕事に出かけていて住まいには誰もいないということになれば南向きであることが何の好条件にもなっていないということになります。
重要なのは自分の生活スタイルに合わせた方角ということになるでしょう。
それだけではなく、窓もまた重要です。
どれだけ自分の生活スタイルに合わせた方角を選んでも窓が小さかったりもしくはその窓も向こう側に日光を遮るような建物があっては無意味でしょう。
風通りということを考えると、窓の数も重要になってきます。

Copyright (C)2017ベストな物件よりもベターな物件☆賃貸探しには妥協が大事.All rights reserved.